So-net無料ブログ作成

「密着。」 [ライオンキング・福岡]

皆さんこんにちは!もうすっかり春ですね。新年度になって新しく何かの委員や役員になった、という方もいらっしゃるのでは?

劇団四季にもそれぞれのカンパニーに日々の公演をスムーズに進めるための公演委員会というものがあります。今日はその中から、他のカンパニーにはないけれど、『ライオンキング』には欠かすことのできない働き者集団、子役担当(通称、子担)にスポットを当ててみたいと思います。

という訳で、とある一日、子担に密着。

子担の朝は忙しい。まずはウォーミングアップから。
今日の子役は平山祥くん(楽屋では「社長」と呼ばれてるらしい。
理由は……「おじさんだから」本人談)と四宮なぎさちゃん。
①.JPG
②.JPG
本日担当のマチャコことシェンジ役の松本昌子さんと一緒に、前回の問題点と今日の課題を確認します。
③.JPG
④.JPG
その後は体をほぐして開口と発声。
⑤.JPG
5-2.jpg

食事とメイクを済ませ、本番直前にも発声と歌の練習。こちら山本道君が本日の担当です。

⑥.JPG 「もっと口あけて!」

ちなみにこの道君、前回の福岡『ライオンキング』ではヤングシンバで私が子担として発声なんかもしていました。今や立派な大人になって、再び共演する日が来ようとは…。時が経つのは早いもんですね。と感慨を覚えつつ、密着は先に進みます。

本番中も子担は忙しい。自分の出番以外の時も影コーラスの合間に、時には着替えながらも目と耳はモニターで子役を追っています。あ、本番中は撮影ができないので、これはイメージ写真ですけど。いつもこんな風に見つめています。
⑦.JPG

そして幕間に本日の目標がクリアできたか、次回の課題は何か等をそれぞれの子供に伝えて終了です。
それ以外にもミーティングをしたり、マチネ終了後に更なるステップアップを目指して稽古をしたり…。
⑧.JPG

オーディションから卒業式の司会進行まで子担の仕事は多岐にわたります。

みんな自らも発展途上の若い俳優たち。『ライオンキング』という作品の主役を支える責任の重さに、時には負けそうになりながらも、どうしたらその子供の力を最大限に発揮させることができるのか、試行錯誤しながら稽古をしていく中で子供たちと一緒に泣き、笑い、俳優として成長していくのです。

いつもありがとう!そしてこれからも頑張れ子担!!

⑨.JPG
前段右より 松本昌子、豊田早季
後段右より 森田利夫、渡邊万希子、森健太郎、山本道

文:平田曜子


四季劇場[春]の色々な秘密 [ライオンキング・東京]

皆さま、こんにちは!
チョイ悪ハイエナ、バンザイの太田浩人です。

桜の花も散り始め、夏へと一歩一歩近づいています。気温もグングン上がり
夏日を観測した所もあるようです。しかし季節はまだ春!!
春といえば、四季劇場[春](ちょっと強引ですが・・・)
ということで、今週は、チョイ悪バンちゃんが、
四季劇場[春]の色々な秘密を皆様にお届け致します。

4月某日、地下を散歩していると、地下のスパイ! モグラを発見!
思わず激写!!
mail-1.jpeg
僕も、こんなに近くでモグラを見たのは初めてかも…
ちなみにモグラの役は彼がやっています。

mail-2.jpeg
岩城雄太

彼が、なぜこのポーズをとったのかは不明です。
役者という人たちは、変わった人が多いのだと実感しました。 

さて、春といえば入学! 我がライオンキングにも新入生がいっぱいですが、
今回は、新中学1年の子役たち(ヤングシンバ、ナラ)を紹介いたします。
初めてこの子達に出会った頃は、本当に小さかったのですが、成長しました!

mail-3.jpegmail-4.jpeg
鈴木彩花  岡田勇太             夏目卓実  天野 咲

みんな知らないうちに大きくなっていました。大人の我々も年をとるわけですね。

ヤングシンバの楽屋に潜入するとこんなのを発見!

見づらいと思いますが、5人のヤングシンバの靴箱です。
名前の書いてある紙が暖簾のようにぶら下がっています。
なぜこうなっているのかは不明ですが、靴の出し入れが
し易いのかもしれません・・・。

mail-5.jpeg

上から、夏目、岡田、間、滝澤、林です。

ここで問題です。現在は5人のヤングシンバがいますが、
東京ライオンキングのヤングシンバは
開幕以来、何人いると思いますか? 

チチチチチチチチ・・・・・ブッブーッ!時間切れです!

答えはオリジナルキャストの伊藤 綾祐(現在は劇団四季の俳優です)から始まりなんと40人なんです!
みんなヤングシンバを卒業しても映画やテレビ、舞台で色々と活躍しています。皆様も応援して下さい。

さてさて、他には秘密はないかと楽屋を探していると、色々ありました! 
僕ら俳優、スタッフを守る強い味方たちです。

mail-6.jpegmail-7.jpeg
LKスタッフ専用ヘルメット          楽屋用 加湿器

mail-8.jpegmail-9.jpeg
うがい機(コロロ)              スポーツドリンク

mail-10.jpeg
空気清浄機

この他にも紹介したことはたくさんありますが、長くなってしまったので
次回にしたいと思います。

それでは次回をお楽しみに!!
劇場でお待ちしております!!!

(太田 浩人)

春は色取り取りに [ライオンキング・福岡]

春ですね ♪ 咲いた~咲いた~チューリップの~ん・Flower ♪
柔らかな日差しの下、草・木・鳥や虫が元気に輝き始めました。

まずは先日、四季芸術センターの花壇で咲いていた花を一枚

700.jpg
塀から何かを覗いている様に見えませんか?

宮崎の片田舎で育った僕には自然を感じる事が何よりのリラックスになりますね。

さて、ここ福岡では関東より一足早く桜が満開を迎え、今は花吹雪が桃色の世界を作り出してます。終演後に立ち寄った舞鶴公園で“パシャ”

711.jpg
夕日を浴びてさらに赤みがかかってました。

また、福岡『ライオンキング』が上演されているキャナルシティ博多では、只今「フラワー動物園」なるイベントが開催されてます。白クマやマンドリル、パンダ…様々な動物が花によって表現されてるんですよ。

740.jpg
“フラワー動物園”

「おや!これは!!」一緒に見学していたティモン役の藤川和彦さんが何かを発見した様です。

745.jpg


“プンバァ”












なんとなんと、ティモンとプンバァが造形されてました!!
せっかくなので、コラボレーションを試みる2人。

747.jpg
右から プンバァ役:川辺将大 ティモン役:藤川和彦

このコラボに刺激を受けた、我が楽屋の面々が終演後に花を表現してみることにチャレンジ!役者魂に火がつきます。

753.jpg
上段右より 朝隈濯朗、川辺将大
下段右より 布施陽由、藤川和彦、小原哲夫


いかがですか? どのキャストも様々な色の個性を発揮してますね。

♪ 並んだ~正にWonder Land 赤・白・Yellow ♪
本番ではそれぞれがいろんな色彩でメイクを施してるんですよ。
ここでちょっと気になったので、本番メイクで使用している色の数を調べてみました。

iro2.jpg

ラフィキの原色メイクに気を取られがちですが、使用色数第一位に輝いたのは、何と“スカーさんの7色”。この感動と勝利の栄光をスカー役:渋谷智也さんと分かち合いましょう。

いざ楽屋へ  スタタタタッ・・・

行きしな、ふと立ち寄ったリハーサル室では入団年数の若い精鋭たちが床のモップがけに精を出してました。「写真を撮らせて」とお願いすると・・・「シンデレラーズ、もっとピカピカになるまで磨きなさい!!」とママ母役の山本道君。高橋基史君、加藤龍登君からなるシンデレラーズ頑張れ!負けるなシンデレラーズ!!

715.jpg
右より シンデレラーズ 加藤龍登、高橋基史、ママ母 山本道

余談はさておき(笑)渋谷さんにスカーメイクセットを見せていただきました。
    
734.jpg
渋谷智也さんのスカーメイクセット。

こんなに色があって大変ですね~。

736.jpg
右より 渋谷さんの右手 渋谷さんの左手(なんのこっちゃ)

ここで渋谷さんより一言。

「下地は馬の油です。ソンバーユ100%です。化粧ノリは良い。化粧落ちはしない。肌には最高、是非お試しください。舞台俳優:渋谷智也」とのこと。
渋谷さんがいつも肌ツヤが良い要因の一つは下地に隠されてたんですね。う~ん納得。

さてさて、取り留めもなく書いてきた文章ですが、とにかく「ライオンキングはバリ楽しいったい!福岡はよか所ったい!!」皆さんも福岡の春を一緒に感じてみませんか?

718.jpg
シーホークとヤフードーム前にて

それにしても、一人でセルフタイマーを使って、この写真を撮っている僕って……^_^;
…………春ってなんでしたっけ?…………………ねぇ。

文:朝隈濯朗


サバンナ癒しの花園 [ライオンキング・東京]

今日は(自称)サバンナの癒し空間、動物だけど人間らしく過ごすラフィキとナラの楽屋をご紹介します。

癒しの秘密その1

ここはとってもいい香りがします。その秘密はコレ

私が人間としても尊敬する素敵な女優さんからいただいたこのランプアロマってほんっとーに素晴らしい。

1.jpg

私達俳優にとって毎日舞台に立てるって本当に幸せな事です。
だけどみんな人間だもの。楽しい時、苦しい時、いろんな気持ちになります。
そんな時、心を落ち着かせ穏やかにしてくれたり、強く生きるエネルギーをくれるのが、この素敵な香りで私達を包んでくれるこのアロマ様なのです。

癒しの秘密その2

ここでは毎日美味しいものが食べられます。
ラフィキシェフは毎日自慢のお料理を披露してくれます。
今日のメニューはプルコギです。

これがホントに美味しい。金原さんはなんでも作れるんですよ。教えてもらったレシピは数知れず。炊飯器で作る参鶏湯は、簡単で、最高でした!
美味しいお料理のお勉強もできちゃう素晴らしい楽屋なのです。

そして私はラフィキオススメの調理法で辛いラーメンを、レンジでチン!お鍋で作るより簡単で美味しい!
一心同体の二人のナラで、がっつりたいらげたのでした。

2.jpg

癒しの秘密その3

開演1時間前になると、トコヤマさんによるヤングナラのメイクが始まります。

するとその傍らで、癒しの花園ではラフィキがダンスを踊りだすのです。笑うって
すごく大事ですよね。
みんなで大笑いして今日の元気を蓄えつつ、それぞれ人間から動物に変身する準備を始めるのでした。

4.jpg

癒しの秘密その4

ここは、春劇場で唯一海が見える楽屋なのです。

5.jpg

お天気がいい日は、まるで海辺のカフェにいるみたい。

マチソワの日は窓から外を眺めて、ほっこりお茶を飲んだり、船に手を振ったりします。
シンバはこの花園がお気に入りのようで、いつも癒されにきます。今日はラフィキとデート。なんだかいい雰囲気でお茶してるんですけど……。
お邪魔しました……。

そしてこの素晴らしい癒しの花園でヨガをするのが私の究極の癒しなのです。

6.jpg

目には見えないパワーをこのすてきな空間で充分に満たし、今日もナラとして強く生きようと心に誓ったのでした。

谷内愛


4月からの「オフステージ日記」

劇団四季の俳優たちによる「オフステージ日記」、4月からは「ライオンキング」です。

11年目を迎えますます快調な東京公演と、惜しまれながら8月に千秋楽を迎える福岡公演。
2つのカンパニーからお届けいたします。

どうぞお楽しみに!

(劇団四季スタッフ)

それではまた [オペラ座の怪人]

ボンジュール。
オペラ座の住人、佐藤季敦です。

華やかなオペラ座とその下に広がる官能的な地下世界を
中心に展開するミュージカル『オペラ座の怪人』。

それは同時に、光と陰の織りなす物語でもあり、
愛と憎しみ、美と醜といった表裏一体の二面性がもつ
普遍的な問題を観る者の心へ提示してきます。

そして我々人間も誰もが表の顔と裏の顔をという二つの仮面を
巧みに使いわけていると言っても過言ではありません。

というわけで『オペラ座の怪人』カンパニーの最後回は、
出演者の意外な一面をお届けしたいと思います。
(ちょっと強引な展開。そして4月・・・)

先ずは柏田君。

彼はファントムカンパニー唯一の男性ダンサー
(この様な場合は「黒一点」と言うのでしょうか?)
にして見事な整体のテクニック保有者でもあります。

090401_blog_pt001.jpg
その腕前に予約待ちが起こるほど。

きっかけは体を頻繁に壊す幼少期を送っていたそうで、
自分で痛むところをほぐしていくうちに出来るようになったとのこと。
最近では『体解剖ビジュアル』という本まで購入し熱心に研究しています。
(この後、彼の専門的なトークが続きますが割愛させていただきます)

次は私が個人的にとても感銘を受け、この場をお借りして
是非紹介させていただきたい技をお持ちの林さんです。

突然ですが、口に水を含み上を向いてガラガラとやるのが
一般的なウガイの概念かと思うのですが、なんと林さんは
垂直に前を向いたままウガイが出来るのです。

090401_blog_pt002.jpg

私も挑戦してみましたが、含んだ水がそのまま口から
滝のごとくこぼれてしまうという惨劇を招く結果に・・・。

理屈の上では不可能なことなのですが、平然とやってのけてしまう林さん。
喉全体を潤す為に色々と試していたのがきっかけと教えてくださいました。

そして、大ベテランの岡本隆生さん(通称リューセーさん)。
リューセーさんは阿波踊りの名手なのです。
きっかけをお尋ねしたところ、とびきりの美声で

「徳島出身だから・・・」

と一言。

いやいや、もっとお話を聞かせてください、リューセーさん。

取材を進めるうちに、幼い頃から見様見真似で踊っていたこと、
大学在学中は「上智連」というチームを結成したこと等が明らかに。

特に女性が踊る姿の艶っぽさが魅力的と力説されるリューセーさん。
(やっぱり美声)

と、ここで特別に始まった阿波踊りレクチャータイム。
ベテランリューセーさんは腰の使い方からして初心者の私とは全く違います。

我を忘れて見入っている私に「こういうところを写真にとらなきゃ」と
これまた美声でアドバイスをくださるリューセーさん。

090401_blog_pt003.jpg
気が利かずに失礼致しました。

そこへ通りかかってしまったファントム役の村さんも
半ば強制的に参加していただき記念の一枚。

闇の支配者ファントムが阿波踊りを舞う・・・。
それこそ意外な一面と言えるかもしれません。

『オペラ座の怪人』カンパニーのオフステージ日記、
お楽しみいただけましたでしょうか?

それでは、また劇場でお会いしましょう!

090401_blog_pt004.jpg

劇団四季携帯サイトはこちら>>>

劇団四季のミュージカル『オペラ座の怪人』作品紹介ページはこちら>>>

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。