So-net無料ブログ作成

はい!ナラ役の田村圭です。 [ライオンキング・東京]

はい!ナラ役の田村圭です。
ようこそ四季劇場[春]へ!!

えー、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、私の演じさせていただいてます大きくなったナラは、2幕からようやく舞台に登場します。そのため、例えば朝のウォーミングアップをしてから約3時間後ということに…。
実は私、ものすごくものすごくトロいんです。私の運動神経はどうしてこんなに鈍いんだろう??と嫌になることも多々あります。なので、常に動いていないと私の体は眠ってしまうんです。

劇場に入りましたら、まず、カンパニーの皆さんとバレエやJAZZで体を起こします。そして、呼吸法、開口訓練、ミーティング。
その後、開演までの時間は各々の時間となります。私はというと、劇場ロビーのお気に入りの場所で、腹筋をして、声出しをして、瞑想をして、今日の自分の状態を確認して楽屋へ。これが日課になっています。
tlk1.jpg

その時間、楽屋では、まだメイク前のこーんな可愛い子ナラちゃんが私の心を癒してくれます。今日出迎えてくれたのは枝豆大好き天野咲ちゃんでした!
tlk2.jpg
いい笑顔ですねー。
さあ、私もラフィキと子ナラちゃんに遅れてメイクSTARTです。

本番中も私の体を起こす為、しょっちゅうリハーサル室へ。移動が忙しいです(笑)
すると、舞台の上はスカーと共に悪役をかって出てくれているハイエナさんたちのたまり場になっているではありませんか!
tlk3.jpg
これから踊るダイナミックなハイエナダンスの為にアップ中です。
雌ライオンが勇敢にも一人乗り込んでいくと、こんな素敵なポーズを取ってくれました。ホッ…。
tlk4.jpg
そうやってポカポカになった体をつくり、精神統一して舞台へ旅立ちます。

今日の舞台も全力を出し切りラフィキとナラの楽屋に戻って参りますと、これからパパとママとお出かけする咲ちゃんの髪を上手に結っているラフィキ金原さんの後ろ姿が!
tlk5.jpg
色んなところに荒廃したプライドランドを救うために張りつめたナラの心を癒してくれる人がいます。本当に素敵な仲間たちです。
みなさんもそんなサバンナの仲間たちに是非会いに来てください!!

田村圭

『ライオンキング』カンパニーならでは! [ライオンキング・東京]

鮮やかな新緑に眩しい日差し、太陽が好きだーと叫びたくなるような素敵な季節ですね!
『ライオンキング』を上演している四季劇場[春]の楽屋廊下にある窓は、空に向かって上向きにパカっっと開くタイプなんです。

mail.jpeg

ここからみる空は本当に最高、眺めていると空の中を飛んでいるような錯覚に陥ります。
私のお気に入りスポットです。

さて、今日は『ライオンキング』カンパニーならでは!と思われることをいくつかレポートしてみたいと思います。

一、他のカンパニーにはない練習

それは・・・ズールー語の発音練習です。
ライオンキングには、南アフリカで多くの人が話している言葉・ズールー語を使うシーンがたくさんあります。ズールー語の持つ温かくて深い響き・リズムがライオンキングの音楽の特徴のひとつにもなっているので、この発音練習はとても重要な練習なんです。この重要な練習を現在リードしているのが入団二年目の若手俳優、山下啓太くんです。

mail-1.jpeg

沢山の先輩方に囲まれた環境でリードするのはどんな気持ちなの?と直撃してみると…
「プレッシャーはありますが、みんなの前で発音することで先輩たちから直接アドバイスをいただけたりするので、ズールー語に対する意識が強くなり勉強になっているんです」。
目をキラキラさせて嬉しそうに語ってくれた啓太くん。
どんどん吸収して成長していく後輩をみると、私も負けていられないな、と思うと同時になんだかすごくわくわくしてしまいます。

二、動物大好き!女性編

『ライオンキング』だけに楽屋化粧前に動物グッズを飾っている俳優が結構いるんです。
特に女性陣。
女の子はやっぱり、買い物&可愛い小物が大好き。
自分が演じている動物に愛着がわくため、買い物にいけばついついその動物のグッズをさがしてしまうようになるんですよね。
私が今演じているハイエナのグッズは・・・??
探しても探しても本当にありません。
巷ではあまり人気がないようですね・・・。無念。
そんな私が今一番気に入っているのがこの象の置物。

mail-2.jpeg

笑顔と舌のかたちが私の今演じているシェンジにそっくり(と思いこんでいます)。
一緒に写ってもらったウニ(チョ・ウンヒ)ともどもかわいいですよね!
この笑顔にいつも癒されています。

原田真理さんの化粧前でおもしろいものを発見しました。
下の写真で真理さんが右手に持っているものなのですが・・・
なんですか?これ・・・。

mail-3.jpeg

「これは果物をさして食べるためのものなのよ」と真理さん。

真理さんが初演から演じているチーターをかたちどったお洒落な一品です。
なんでもアフリカに100回以上いっている写真家の方からいただいたものだとか。100回ってすごいです!!!貴重な品をありがとうございました。ちなみに真理さんが左手に持っているのはヤングシンバのペン。なんとシンバが光るんですよ!さすが未来の王様!
誰よりも誰よりもいつもパワフルで元気な真理さんの元気の源です。

女性楽屋一グッズを飾っている俳優を発見しました!
シマウマを演じている大村奈央ちゃん。コップから化粧ポーチに至るまですべてシマウマなんです。奈央ちゃんコレクションの一部をご覧いただきましょう。隣の席の大場沙耶ちゃんも一緒に。

mail-4.jpeg大場沙耶、大村奈央

こんなにシマウマを溺愛する奈央ちゃんですが・・・実は馬肉が大好きなんですよ!共食いか?!

三、動物大好き!男性編

男性だってやっぱり『ライオンキング』カンパニーですから、動物にすごい関心があります。
でもそこは男性。女性が可愛いグッズを集めているのに対し、アンサンブル男性楽屋では・・・なんと「めだか」を飼っているんです。いそいそと甲斐甲斐しくお世話をしているのは、先ほども登場した山下啓太くん。週に一回は水槽掃除をしているそうです。

「この前めだかが卵を産んだんだよ」と話してくれたのは村澤智弘氏。

mail-5.jpeg

え!あかちゃんうまれたんですか?????
「それがね・・・他のめだかが食べちゃったんだよ」
え・・・。

これが自然界なんですね。
サークルオブライフなんですね。
生きた勉強ができる、そんな男性楽屋なのでした。

長くなってしまいましたが、『ライオンキング』カンパニーの様子、少し感じていただけましたか?

私たちは自分たちの演じているこの作品が大好きで、より多くのお客様に作品の素晴らしさを伝えたいという一心でこんな毎日を過ごしています。

皆様ぜひぜひ劇場にお越しください!
お待ちしております!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

小林英恵

「福岡サバンナへの道」 (3) [ライオンキング・福岡]

脳をコントロールするという話の続きで、続きましては、ハゲタカやシマウマ役、そして先日、子役担当でも紹介されておりました、森さん。
森さんが、特に気を付けているのは、“食事”。『ライオンキング』のダンサーは本当にハードなんです。だから、本番前にしっかりエネルギーを摂る。けど…大切なのは、“お腹一杯食べないこと”。体が重くなってしまうだけじゃなく、先程の脳の話に繋がるのですが→お腹一杯食べてしまうと、満腹中枢を刺激し脳内が満足する…。その結果、やる気を出させ、行動のきっかけを作る神経伝達物質の1つである“ドーパミン”が出にくくなってしまうのです。なので、本番に必要なエネルギーを最大に摂るのと、満腹中枢を刺激しないギリギリのラインを狙って食事するそうです。目指すは”腹七分目!!”との事。

7.jpg
森さん

森さん、料理も趣味の一つでお弁当も作っているんだとか。美味しそうですね。“腹七分目”ギリですよっ!!

最後にご紹介させていただきますのは、我らがスカーの深水さん。こだわりは「ONとOFF」広い世界にたくさん触れ合い、胸一杯に感じることで、舞台への集中力を最大限に発揮できるのだそうです。深水さんの日課は、福岡シティ劇場すぐ近くの櫛田神社で参拝する事。自然の緑の中で手を合わせる事で、自分自身を見つめる時間を大切にしているのだそうです。また、休演日には「大宰府」更には標高約830mある「宝満山」への山登り。山頂にある「竈門神社」で参拝するとの事。

急な石段を登り、山頂で見る360度のパノラマは絶景。きっとプライドロックでムファサが見る景色に通じるものがあるのでは…と語ってくださいました。深水さん、ムファサを演じることもあるのでっ。

映画鑑賞や読書も「ONとOFF」には欠かせません。
今読んでいる本は、「星野道夫さん」のフォトエッセイ本。

9.jpg

「時間には2つの軸があって、果てしなく脈々と流れる悠久の時間と、生き物誰にでも同じように与えられている時間がある。我々が今こうして『ライオンキング』を上演している時にも、アラスカでは雪解けと共に春が訪れ、ザトウクジラが群れを成して雄大に海を泳いでいるなんて…本当に世界は広い!!」と話して下さいました。

深水さん!!深水さんの懐も無限に深く、そして広いです!!ここでは書ききれない程、たくさんお話して下さいました。ありがとうございました!!

まだまだ他の方の話も聞いてみたかったのですが、またの機会にっ。お話を聞かせて下さった皆さん、ありがとうございました。皆さんのこだわりや研究、努力が毎日の舞台を支えているんですね。
私も皆さんを見習い、日々精進していきたいと思います!!

松本昌子でした♪




「福岡サバンナへの道」 (2) [ライオンキング・福岡]

磯谷さんもストレッチポールを使って入念にストレッチ。そして、そしてっ、このポーズ!!

5.jpg
磯谷さん

流石っダンスキャプテン!!流石っ、センターダンサー!!びっくりするほど体が柔らかいんですね!
ちなみにこのポーズ、磯谷さんの“願掛け”なんだとか。どの作品に出る時も必ずするとの事。これで、今日の本番もバッチリですねっ。

更に……平田さんと磯谷さん、このストレッチポールを劇場で使うだけでなく、各公演地へ持って行き、自分の部屋で使うらしいです!!

福岡へ来る際、手持ちで飛行機に乗ったと話してくれました。これまたびっくり!!大胆!!飛行場や、電車ですれ違う人に振り返られてもハクナ・マタタ~♪
より良い舞台を務めるためのプロ根性です!!

お次は、一幕冒頭のシーンでのレイヨウや二幕ワン・バイ・ワンのリードボーカル那俄性さん。常にいろいろなことを研究しつつ舞台に生かしている、そんな那俄性さんの毎朝の日課が“縄跳び”。

6.jpg
那俄性さん

毎日着到の約1時間前に30分間、縄跳びをしています。体を起こし、同時に喉も起こすように水分もたくさん取り、汗をたっぷりかきます。
しかし、何故縄跳び!?
ここが那俄性さんの研究のすごいところ!!ただ汗をかくためや体や喉を起こす為だけじゃないんです!!
“一定のリズム運動を約30分する”という事が重要なんです。このリズム運動をすることで、脳のセロトニン神経というのが鍛えられ、集中力を高める事が出来、精神を安定する事ができるなど…快眠、そして爽快な目覚めを得られたり、更には、抗重力筋に作用する事で、背筋が伸び、筋肉のゆるみを引き上げてくれるんだそうです!!すごい!!ただの縄跳びじゃないんです!!これ、皆さんにもおススメです。ねっ。那俄性さん。
(ねっ。那俄性さん。那俄性さん…それより何より那俄性さんという名字…本当、珍しいですよね。いや、まったく関係ないですが…)

文:松本昌子 (3)につづく

「福岡サバンナへの道」 (1) [ライオンキング・福岡]

「福岡サバンナへの道」

皆さんこんにちは。暖かい日差しが気持ちの良い季節になりましたね。福岡では、時には半袖姿の人も街に見かけます。

『ライオンキング』福岡公演ロングランは1年が過ぎ、8月末に千秋楽が決定されました。この毎日の舞台を常に良い状態に保ち、また更に良くしていく為に、俳優たちは日夜どんなこだわりや研究、体調管理などをしているのか………
今回は、福岡サバンナハイエナ代表、シェンジの松本昌子が取材してきました!!

まずは、シンバ役の飯村さん。
1.jpg
飯村さん

いつも真面目な飯村さん。劇場では、よく台本片手に歩いている姿を見かけます。
台本に書いてある事は変わらないけれど、毎日新鮮に読めるように心掛けているそうです。常に作品の中に身を置いておけるように、また、ちゃんと役と向き合っているか自分自身をチェックしているとの事。そう真摯に話す姿がとても印象的でした。
ただ……飯村さん、芝居の事で悩むと、どーも眉間に“しわ”を寄せてしまうクセが……。それを直す為、先日本番前に眉間にセロハンテープを貼っていました。台本片手に…。もう片方の手にはセロハンテープを持って……。そんなお茶目な一面も。
飯村さん!リラックス、リラックス~!!

そう、リラックスと言えば…相手役ナラの熊本さんは本番後のリラックスを大切にしているとの事。忙しい中でもできるだけ時間を作って、家で半身浴をするそうです。バスルームにDVDプレイヤーを持参しDVD鑑賞をしながらリラックスタイム♪

2.jpg
熊本さん

水もたくさん飲んで、汗をたっぷり出してデトックス!!毎日の疲れをしっかり取る事で、次の日の舞台に集中できるそうです。

こちらもリラックスを大切にしている……音楽担当の平田さんとダンスキャプテンの磯谷さん。この2人の共通のリラックスグッズは→ストレッチポール

3.jpg
平田さん

これ、一見シンプルな作りのように見えますが…いやいや、すごいんですよ!!
自分の体重をうまく利用して体の至る所をほぐしてくれるんです。こんなかんじで
皆本番前後に使っています。

4.jpg
手前から平田さん、大竹くん、黒崎さん、佐伯さん

平田さんは「疲れを明日に持ち越さない!」をモットーに、ストレッチを入念にしながらリラックスする事を心掛けているそうです。
特に背中を中心にこのストレッチポールでほぐすと→次の日に声が出やすくなるんだそうで!!すごいっ!!


文:松本昌子 (2)につづく

愛を感じて [ライオンキング・東京]

こんばんは。
『ライオンキング』 <夜> のナビゲーター奈良坂潤紀です。

1.jpg

あっ、こんな恰好しているからって怪しいブログじゃありませんよ!
今宵はちょっと大人な『ライオンキング』の世界へ皆様を案内しちゃいます!!

さて、皆様にとって『ライオンキング』といえば何でしょうか。
ライオン? 象? キリン?
ふふふっ 華やかな動物たちに目を奪われがちですが、『ライオンキング』はたくさんの植物たちの物語でもあります。

特に2幕はほとんどジャングルが舞台ですからね!

今宵ご案内するのはそんなジャングルのクライマックス、植物たちの深夜の舞踏会「愛を感じて」です。

今宵もジャングルの奥地で繰り広げられる愛の夜のひととき…
さあ、一緒に楽屋をのぞいてみましょう。

Chap1 生着替え☆

楽屋では俳優たちが植物に変身中です。

2.jpg

ぜ、全裸!?
いえいえ、全身タイツのチャックを閉め合っている男たちです。一流の植物になると、自分一人で植物に変身できるそうな。。。
まだまだ道のりは遠い。

Chap2 ヤシの木

髪型をリーゼントにセットし、腰と背中に葉っぱを装着すれば、あら不思議“ヤシの木”の完成です。

3.jpg

太〜い幹に、背中にはワサワサした葉っぱ。
残念ですが、ヤシの実は、まだなっていません。

Chap3 今夜の晩ごはん!

お次は舞踏会のメインディッシュ!センターバレエダンサーのチョ・ウンヒさんです。

4.jpg

さすが!専属スタイリストがつくのね!
髪型をお団子にセット中です。

Chap4 愛の形

こちらはシーン中、空中ダンスを繰り広げる吉田夏子さん。

5.jpg

「愛を感じて」では3組のカップルダンサーが登場し、それぞれ(1)一つになりゆくナラとシンバの心(2)肉体(3)二人の半生のドラマ を表現しているそうです。
『ライオンキング』の母、演出家ジュリー・テイモアさんには当初、様々な愛の形を表現するために同性のカップルダンサーを登場させようという構想があったとか、なかったとか…
愛って、奥が深いですね…。

Chap5 パーティの仲間たち

続々と仲間たちが集まってきました。

6.jpg

こちらはバナナ役の小粥真由美さんと、ちょっと大きすぎるスカートが素敵な加藤あゆ美草です。緑色ですが、エメラルドシティとは関係ありません。
残園ですが、こちらもバナナの実は、まだなっていません。

最後に唐草模様のメイクに謎の突起物…

7.jpg

どうやらサボテンの一種らしい岩城雄太君です。ん〜なんで漫画のキャラクターのようなメイクなんだろう。

さあ、今宵もちょっと大人な植物たちによる官能的な舞踏会が始まります。
シンバとナラが無事に結ばれるように、皆様もムーディなオーラの中、若い二人の背中を押しに劇場にいらっしゃいませんか。

♪生きとし生けるものは
今宵一つに…

※官能的ですが、お子様がご覧になっても何の問題もない、健全なシーンです!

奈良坂潤紀

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。